ティーパックでミルクティーを電子レンジで簡単に美味しく入れる方法♪ホチキス無しのものを使ってね!

突然だけど、カフェって良いですよね(´∀`*)

結婚前、東京で私が住んでいた部屋の近くには色々な食べ物のお店があって、行列ができるパンケーキ屋さんとか、アメリカンなハンバーガーが売りなお店とか、蔵を喫茶店に改造したお店とかがあって、よく通っていました。

近所じゃなくても、休日は足を伸ばして昭和レトロな喫茶店とか、ケーキが評判のカフェとか、かき氷専門店とか、そういうお店もよく回りましたね〜。

そういう、軽食とドリンクがメインのお店を全部ひっくるめて「カフェ」ということにしていますが私はそういうお店が本当に好きなんです。

スポンサーリンク

でも、結婚して群馬に来て、子どもを産んで子育て中になると、カフェってそうそう行けないんですよね…!

時間・場所的な問題ももちろんだけど、専業主婦だから「軽食+ドリンク」だけで1,000円超えちゃうお店は敷居が高くなってきます。

だから、最近はもっぱら「お家カフェ」を楽しむようにしています。

でもポットで丁寧に紅茶を淹れて〜とかってなかなか時間が取れないし、ミルクパンでミルクティーを淹れるのも正直めんどくさいですよね。主にカップ以外を洗うのが!

それでも美味しいミルクティーが飲みたい…。

というわけで、長々と前置きしたけれど、お鍋とかを使わずに電子レンジで簡単に美味しいミルクティーを淹れるレシピを紹介しますね〜

【材料】(マグカップ1杯分)

・お好みの紅茶ティーバッグ 1個(ホチキスのないもの))
・水 マグカップの半分くらい
・牛乳 マグカップの半分くらい

・砂糖 お好みで

【作り方】

1.マグカップに紅茶ティーバッグと水を入れて、電子レンジの「ホットミルクモード」(500wで1分〜1分半)で温め、その後1分ほど放置する。

2.1に牛乳を入れ、さらに「ホットミルクモード」で温め、お好みで砂糖を入れて完成。

【ポイントとか、電子レンジ使用の際の注意点】

・我が家の電子レンジには、ホットミルクモードがあるのでそれを使うけれど、無い機種では500wで1分〜1分半で温めてくださいね。目安は、沸騰よりは少しぬるいくらいの温度です〜。

・ここに、生姜をちょっと入れたり、砂糖の代わりにはちみつを入れても美味しいんですよ〜。特に生姜は、風邪気味の時なんかにおすすめです。

あとは、生姜+シナモンを入れて「なんちゃってチャイ」にして飲んでも美味しい。

スポンサーリンク

電子レンジ使用の際の注意点

・電子レンジでミルクティーを入れるときの大切な注意点なのですが、電子レンジは金属を入れて加熱するとバチバチしてしまいます!

小さいホチキスだし、大丈夫かな…?とも思うのですが、時には火が出たりバチバチいったりすることがあるので、ホチキスがあるときは絶対取り外してくださいね!

新しく購入するなら、ホチキスのないテトラパックのものがおすすめです。

・ちなみに私はホチキスがついているティーパックの時は、外してからついていた紐で縛って作るか、もしくは小鍋で作っていました。

どっちが面倒くさいかはその人次第だと思いますが…私は一人でお茶するときには洗い物を増やしたくない気持ちのほうが大きいので紐で縛りなおすことのほうが多かったですね。

【おわりに】

このミルクティーの作り方にしてから、ミルクティーを飲む回数が劇的に増えましたよ。普通にティーバッグで紅茶を入れて牛乳を入れるだけだと、薄くて美味しくないんですよね。

前半はカフェの話で長くなってしまったけれど、本当にカフェとかお茶が大好きなんですよ~。

東京は人が多すぎるし、家賃は高いし、せわしないからまた住みたいとは思わないけれど、ちょっと出かけると美味しいお店がいくらでもあるところは良かったなぁと思います。

子育てが一段落したら、また東京で遊びたいな~なんて考えています。月1とか、そのくらいで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする