ホームベーカリー使用の、551に負けない手作り肉まんの簡単レシピ

寒い季節に外に出ると、ついつい食べたくなってしまうコンビニの肉まん。

私も好きだし、たまには食べてもいいかな〜と思うのですが、うちの旦那さんは私以上に肉まんが大好き。

寒い日のお昼ご飯に、「肉まんを思いっきり食べたい…」と言われることがあるので、リクエストに答えるべく色々なレシピで作ってみました。

そんな中で、一番おいしく、ホームベーカリーで簡単にしかも本格的な肉まんを作れるレシピを紹介します!

個人的には551にも負けてない味だと思っています!

スポンサーリンク

【ホームベーカリー肉まんの材料】(約20個分)

(生地)
・薄力粉 300グラム
・強力粉 150グラム
・ベーキングパウダー 小さじ1.5
・砂糖 60グラム
・塩 小さじ1.5
・サラダ油 大さじ1.5
・スキムミルク 大さじ1.5
・ぬるま湯 220〜230cc(暑い時は少なめ、寒い時は多め)

・ドライイースト 小さじ1.5

(具)
・豚ひき肉(豚こまを刻んで混ぜてもOK) 300グラム
・玉ねぎ 1個
・パン粉 大さじ3
・ウェイパーor鶏ガラスープのもと 大さじ1
・醤油 大さじ2
・ごま油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・片栗粉 大さじ1

【ホームベーカリー肉まんの作り方】

1.生地の材料のうち、ドライイースト以外をホームベーカリーのパンケースに入れ、ドライイーストはイースト容器にセットして「パン生地コース」でスタートする。

2.生地をホームベーカリーが作っている間に具を作る。

玉ねぎはみじん切りにして、具の材料をすべてボウルに入れてよく混ぜる。具は20等分にしておく。

↑先に分割しておくと後で楽ちん。

3.ホームベーカリーの生地が完成したら、パンケースから取り出し、包丁もしくはスケッパーで生地を20等分にし丸める。

手のひらで生地をつぶし、ふちを薄くするように伸ばしてから具を包む

具を包み終わったら、濡れ布巾(濡らして絞ったペーパータオルでもOK)をかけて20分寝かせる

4.寝かせている間に、お湯を沸かして蒸し器をセットする。

蒸し器にはクッキングシートをしき、肉まんを並べて15〜20分蒸かして完成。

スポンサーリンク

【ポイント】

・作り始めてから完成まで、1時間40分〜2時間かかります。

私はお昼の12時に完成させるためにホームベーカリーを10時頃にセットして、3の寝かせる時間を長くして完成時刻を調整しています。

・私が使っているホームベーカリーは、パナソニックのSD−BMS104という1斤用の機種です。購入したのは確か2011年くらい、結構長く使っています。(現在は生産終了モデル)

現行品ではこちらが近いかな?

この肉まん生地の分量は、その1斤用の機種でこねられるギリッギリの分量です。これ以上の量はうまくこねられないみたいでした(^^ゞ

この量も結構ギリギリなので、20個も食べないのなら半分くらいの分量がいいかも。

・具の量が多めで、生地も包むときは固めなレシピです。私は手で伸ばしながら包みますが、包みにくい場合は麺棒で丸く伸ばした後に縁を指で薄く伸ばした方が包みやすくなります。

・具を包み終わった後、20分ほど寝かせます

この時間を取らないでいきなり蒸すと、生地がふっくらと膨らまず肉汁を吸ってベタッともちっとしてしまいます

また、寒い時期は20分以上室温で置いておいても大丈夫ですが、暑い時期は20分以降は冷蔵庫に入れておいたほうがいいですよ。

【おわりに】

最近のコンビニ肉まんってとても美味しいんですけど、その分高くって…(笑)

かと言ってお取り寄せや駅構内のお店はもっと高い、でもお腹いっぱいの肉まんが食べたい…という旦那さんの希望を叶えるために作ったレシピです。

このレシピなら、おおよそ500〜600円くらいで20個の大きめ肉まんが作れますし、大抵のものは家に置いてあるので朝突然リクエストされても慌てずに作れますよ♪

肉まん好きの食いしん坊さんが大満足の量&味のレシピです!

20個も一度に食べきれない!という人がほとんどだと思いますが、蒸した後に冷凍保存も可能なのでぜひ沢山作ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする