ホームベーカリーで生地はお任せ♪アレンジ自在な惣菜パンのレシピ

お久しぶりです、渡辺たまこです。

最近臨月に入り、週に一度の妊婦検診が始まりました。

出産をする病院は、託児室アリでご飯も美味しいとてもいい病院なんですが…健診の時ものすごく時間がかかるんですよ~。

9時に予約を入れたのに、診察がすべて終わるのはお昼近く…ということがよくあります。

臨月だから検査も多いからという理由もあるんですけどね。

なので、朝は7時半には家を出て、朝ごはんは車の中で簡単に食べて、診察が終わったらおなかをすかせた娘にちょっとしたものを食べさせる…という感じになります。

お弁当を作るのは大変なので、病院に行く日の前日は惣菜パンを焼き、それを持っていくようにしています。

今日は、そんなときに便利な、ホームベーカリーで作る惣菜パンの基本のパン生地のレシピを紹介します。

生地作りはホームベーカリーにお任せで、シンプルなパン生地なので色々なアレンジができます。

今回は、定番のソーセージパンを焼きました♪

スポンサーリンク

【HB惣菜パンの生地の材料】(作りやすい分量)

パン生地

・強力粉 300グラム
・砂糖 大さじ1.5
・塩 小さじ1
・水 200㏄
・バターorマーガリンorサラダ油 大さじ1(15グラム)
・スキムミルク 大さじ1(省略可)

・ドライイースト 小さじ1(5グラム)

お好みの具材

・ソーセージ 8本
・ケチャップ・マヨネーズ・パセリやバジル・マスタード 適量

【HB総菜パンの生地の作り方】(約2~2.5時間)

1.パン生地の材料をドライイースト以外はすべてパンケースに入れ、ドライイーストは専用の場所に入れる。

「パン生地コース」でスタートする。(約1時間

2.ホームベーカリーが止まったら、取り出して分割して丸め、硬く絞った濡れ布巾をかけて15分間ほど置く(ベンチタイム)

分割の個数やサイズはお好みで。

3.ベンチタイムが終わったら、成形してオーブンの発酵モード(35℃~40℃)で30分発酵させる。

室温が高い季節は、室内で放置でもOK。今回は室温が10℃くらいしかなかったのでオーブンを使用。

4.ケチャップなどをお好みで上からかけ、190℃に予熱したオーブンで16分焼いて完成。

焼き時間は、オーブンごとに癖もあるので、最初は様子を見ながらがおすすめ。パンの大きさにもよるので15~20分くらいが目安。

スポンサーリンク

【HB総菜パンの生地のポイント】

・パンケースから取り出したときは、やや柔らかめの生地ですが、焼きあがるともっちり・ふんわりとした食感のパンになりますよ。

小さな子どもが食べやすい、柔らかめ生地です。

・2歳の娘もお気に入りのパン生地です♪

・今回は半分はホットドッグみたいな形、半分はエンゼル型を使ってちぎりパンにしました。

・材料の計量から完成までは約2時間半ほどかかりますが、1時間はホームベーカリー任せ・45分はオーブン任せなので、実際の作業時間はとても短いです♪

私はいつも、ホームベーカリーをセットしてから掃除や洗濯物干しをして、発酵している間はキッチンで別の料理を作ったり、シンク掃除をしたりして過ごしています。

時間が限られているのでテキパキと動けるし、家事が一通り終わった後にパンのおまけがついてくる感じがお気に入りです。

分割の個数やサイズについて

ホットドッグみたいな形にするのなら、この生地の量なら10~12等分くらいにして作るのがちょうど良さそうです。

今回は8等分だったので、具に対してちょっとパンが大きすぎました。

エンゼル型を使ってちぎりパンにするなら、今回の分量の半分で18センチエンゼル型一つ分になります。

半分の量をさらに8等分にし(レシピ全体では16等分)半分に切ったソーセージを包み並べています。

・16等分にしてちぎりパンにすると、1個のサイズが小さめで、おやつにもちょうどいいです。2歳の幼児でも持ちやすい・食べやすい大きさです。

材料や、中に入れる具材について

・今回のソーセージは、業務スーパーで購入した冷凍ソーセージを使用しました。

冷凍なのでとても便利で味もなかなかおいしいソーセージだったので、また改めて記事にまとめます♪

凍っていたので、軽くボイルしてから包みましたが、自然解凍でもOKですし、冷凍のものでなければそのまま包んでもOKです。

バター・マーガリン・サラダ油のすべてを試してみましたが、どれでも美味しくできました

個人的には、ジャムやレーズン・チーズはバターが、ソーセージやツナマヨならサラダ油が良いかな~と感じましたが、どれでも美味しくできますよ。使いやすいもので♪

(今はバターが高過ぎなので、サラダ油を使うことが一番多いです)

・中の具材は、その時家にあるものを適当に包んでいます。

・コーンマヨ
・ツナマヨ
・ジャム
・レーズン
・チーズ
・餡子
・チョコ
・カレーやミートソースの残り
・ソーセージ
・ハム などなど…

・チーズは、我が家ではキャンディーチーズをよく常備していますが、キャンディーチーズは焼いても全然とけなかったので、入れるのなら細かくして混ぜ込む感じが良さそうです。

↑娘の好物なので常備しています。スーパーでQBBのを買うことが多いですね。

・パンに包むチーズなら、ベビーチーズがおすすめです!程よくとろけて、冷めて固まっても美味しいです。

↑給食用が売っていてびっくり!ちょっと安いかな?

我が家では、スーパーで買ったのを、私のおやつ兼旦那さんのおつまみにと常備しています(笑)

おすすめの型について

・エンゼル型は18センチの物を使用。私が愛用しているのは「ブラックフィギュアエンゼル型 18cm」というもので、「かっぱ橋 浅井商店」で購入しました。

このエンゼル型は、ものすごく使いやすくておすすめです!パンでもケーキでも、冷菓でも、全然くっつかずにスルンスルンと気持ちよく型から離れます。

スチールにシルバーストーン加工」されたものらしいので、今後お菓子の型を買うときは同じ加工の物を選ぼうと思っています!

ブリキやアルミなどの型も持っていますが、私が使った中では、一番使い勝手の良い型です。

【おわりに】

パンケースから取り出した、温かいパン生地をもちもちすべすべと触りながら丸めるのはとっても気持ちの良い癒しタイムです。

一から自分でこねるのは、ある程度広い作業台がないと大変ですが、ホームベーカリーを使うととても簡単・手軽に焼き立てパンが作れますよ♪

私が愛用しているホームベーカリーの新機種

私が使っているホームベーカリーは古いのでもう売っていませんが…
同じメーカーが出している新機種はこちらです↓

パナソニックのホームベーカリーを使っていてよかったな~と感じるのは、レシピ検索をした時ですね!

とにかく使っている人が多いので、レシピも簡単に出てくるから、新しいレシピを試しやすいです。

もちろん、ほかのメーカーのホームベーカリーでも同じように焼けるんだろうな~とは思いますが、なんとなく安心感があります(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする