栗原はるみの冷凍パイシートを使った簡単・卵ピザのレシピ♪

先日紹介した、湯葉と一緒に誕生会で作ったメニューの「卵ピザ」のレシピも紹介します。

簡単に作れるのに、見た目はごちそう感があり、しかも野菜たっぷりといういいことずくめなレシピです♪

誕生会やクリスマス・ひな祭りなどのイベントのごちそうにおすすめです。

また、野菜たっぷりなのに食べやすいので、野菜嫌いなお子さんをお持ちの方にもおすすめですよ~!

スポンサーリンク

【材料】(27センチ角1枚分)

・冷凍パイシート 3枚 (6枚)

・卵 5個 (10個)
・塩コショウ 少々 (少々)
・ピザ用チーズ 150グラム (250グラム)

具材

・マッシュルーム 小1缶 (小1缶)
・ベーコン 100グラム (240グラム)
・アサリのむき身 小1缶 (なし)
・ピーマン 2個 (4個)
・トマト 小1個 (小4個)
・長ネギ 2本 (2本)
・ブラックオリーブ 8個 (16個)

かっこ内の数字が今回実際に使った材料です。
25センチ×30センチの卵ピザが2枚作れます。

具材は、量も種類も適当で大丈夫♪

【作り方】

1.オーブンの天板にオーブンペーパーを敷き、その上に冷凍パイシートを伸ばす。

2.マッシュルームは薄切り、その他の具材は粗みじん切りにして、すべての具材を同じボウルに入れてざっくざっくとよく混ぜる。

(アサリのむき身を入れる場合は汁気を切ってそのまま入れる)

3.冷凍パイシートの上に2の材料をのせて、塩コショウをした溶き卵を回しかける。

その上に、ピザ用チーズを散らし、250℃に予熱したオーブンで20~25分ほど焼いて完成!

スポンサーリンク

【ポイント・具材やオーブンなどについて】

・ピザというよりも、薄めのキッシュパイという感じのレシピです。

お気に入りのレシピ本「栗原さんちのおやつの本」を参考に作りました。

・普通のピザよりも、優しくてあっさりした味わいで、見た目は豪華なのでごちそうの時にも良いですが、普段の軽食やおやつにもピッタリなレシピです。

・今回は、娘と妹の合同誕生会のメニューに、妹からのリクエストで作りました♪

具材について

・のせる具材は割となんでもあいます。

冷蔵庫・冷凍庫の掃除の時にもピッタリなレシピです。

玉ねぎ・ジャガイモ・にんじんや葉物野菜も合いますし、ベーコンの代わりにハム・ソーセージ・スパムやコンビーフなんかでも。

・ツナ缶やちくわ・冷凍のシーフードミックスなども。

・バジルやオレガノなどのスパイスをふっても美味しいです。

・ブロッコリー・アスパラ・ナスなどの季節の野菜もすべて粗みじん切りにして入れちゃいます。

・ジャガイモやにんじんのような固いものを入れるときは、下茹でしたほうがいいですね。

もしくは、小さめに切ってくださいね。

オーブンについて

・小さめのオーブンなら、オーブンの天板に合わせてパイシートを伸ばして作ると良いですよ。

・パイシートのふちを天板のふちに合わせて立たせると、卵液が流れ出なくて良いです。
また、このふちの部分が焼き上げるとサックサクでとてもおいしいです♪

・我が家のオーブンは天板が大きめなので、足りない分はアルミホイルで支えを作ってふちを作っています。


・ちょうどよいサイズの天板でない場合は、耐熱皿・トレイなどにオーブンシートを敷いて焼けばOKです!

野菜嫌いにもおすすめです♪

・私の妹は、もう成人しているのですが野菜嫌いで偏食気味です。

でも、この卵ピザなら嫌いな野菜でもパクパクと食べてくれます

断面を見ると野菜ぎっしり!

・2歳になったばかりの娘は、幼児にしては好き嫌いは少な目でよく食べるほうですが、ピーマンなどの野菜の苦みは苦手みたいです。

でも、卵液とパイシートのおかげか、ピーマンに気が付かずにたくさん食べてくれます

野菜嫌いな人に野菜をもっと食べさせたい!という人におすすめなレシピです♪

【おわりに今回のレシピの感想など】

今回は作り過ぎてしまったので、丸々1枚残ってしまいましたが、翌日の朝食と昼食にも美味しく食べることができました

温めるときは、電子レンジの温めモードか、オーブンならば180℃で10分ほど焼くと美味しく食べられます!

また、普通のピザと違い、冷めたままでもチーズ部分が油っぽくならず美味しく食べられるので、お弁当などにも。

野菜たっぷり・簡単で美味しい卵ピザ、ぜひ一度お試しください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする