正月太りの解消に!トマトのデトックス(脂肪燃焼)スープのレシピ♪

年末年始の帰省・イベント続きで胃が重かったので、野菜たっぷりのデトックススープ(脂肪燃焼スープ)を作りました。

クリスマス・お正月・誕生日などのイベントの時は、どうしても味の濃くて脂っこいもの・炭水化物を取り過ぎてしまいます。

また、実家へ帰省すると、両親がごちそうを用意して待っていてくれるんですよね~。

とてもありがたいのですが、両親の中では息子・娘は永遠の食べ盛り

学生時代の一番食欲旺盛だったころを基準に食べ物を用意してくれるので…とてもとてもすごい量です。

正直、アラサーになるとキツイ量だったり…(笑)

でもあまり残したり断ったりしてがっかりさせるわけにもいかないので、ほどほどには食べるようにしています。

そうすると、正月太りから脂肪が身についてしまうので…それを解消するためにも、野菜たっぷりのデトックススープはおすすめですよ~

スポンサーリンク

【材料】(作りやすい分量)

・玉ねぎ 3個
・ピーマン 2個
・セロリ 1本
・キャベツ 半玉(約500グラム)
・トマト缶 1缶
・茅乃舎の野菜だし 4袋(目安。水の量に合わせて)
・水 2リットル(目安。野菜の量に合わせて)
・塩コショウ お好みで

【作り方】

1.野菜を食べやすい大きさに切る

ポトフ風に大き目でもよいが、今回は小さな子どもも食べるので全体的に小さめに切った。

玉ねぎ・キャベツは1~1.5センチ角、ピーマン・セロリは癖が強いのでみじん切りに。セロリは葉もみじん切りにして入れる。

2.大き目の鍋に、1とトマト缶・茅乃舎の野菜だし(袋を破いて入れる)・水を入れる

水は野菜が浸るくらいまで。今回は2リットルだったので、それに合わせて茅乃舎のだしの量を決める。

3.野菜が柔らかくなるまで煮込み(10分以上)、塩コショウで味を調えて完成。

今回はかなり薄味に感じたので、塩小さじ2ほど入れてちょうどよい味だった。

コショウは小さな子どもがいるので、食べるときに各自であらびき黒胡椒を振って食べる。

スポンサーリンク

【ポイント・デトックススープ(脂肪燃焼)ダイエットなどについて】

デトックススープ(脂肪燃焼スープ)ダイエットとは

・今回のスープのレシピは、「デトックススープ(脂肪燃焼スープ)ダイエット」で食べるスープのレシピです。

本来の「デトックススープ(脂肪燃焼スープ)ダイエット」では、しっかりとスケジュールを組んで野菜スープとその他の食材を組み合わせて1週間食べ続けます

●1日目⇒スープ・果物
・バナナ以外のフルーツとスープ
・水or野菜ジュースかフルーツジュース

●2日目⇒スープ・野菜
・油を使用しない野菜(豆、スイートコーンはNG)
・ベイクドポテトを食べるなら皮ごと食べる

●3日目⇒スープ・フルーツ・野菜
・スープ、フルーツ、野菜は制限なし
・この日はベイクドポテトNG

●4日目⇒スープ・バナナ・スキムミルク
・バナナは3本まで(カロリーと炭水化物補充)
・スキムミルクは500mlの水で溶く(カルシウム補充)
・水2l以上飲む(体から尿酸を排泄させるため)

●5日目⇒スープ・肉・トマト
・煮魚、豚肉、皮なし鶏肉700gまでOK
・トマト6個までOK

●6日目⇒スープ・牛肉・野菜
・牛肉は制限なし
・野菜はベイクドポテト以外制限なし
・スープは最低1回分飲む

●7日目⇒玄米・野菜・フルーツジュース
・玄米、野菜、100%フルーツジュース
・スープは最低1回分飲む

7日間で8キロ痩せる!?脂肪燃焼スープダイエットを実践した体験談と効果より

・しかし、現在私が妊娠中ということもあるので、私はこの野菜スープを食事の時に最初に食べて、そのあとにごはんやおかずを少し食べるようにしていました

朝食の時や、前回の食事が多くてあまりお腹が減っていないな…というときには野菜スープだけ食べる、というように体調に合わせて食べています。

・これだけで、年末年始少し便秘気味だったのが解消され、帰省中に増えた1キロは戻ったので、きちんと本来のダイエット方法で食べればもっと痩せるんじゃないかな?と思いました。

味付けについて

・デトックススープ(脂肪燃焼スープ)のレシピをネットで検索すると、「スープの味が薄くてまずい・美味しくないから食べ続けられない!」という意見を目にしましたが、私は野菜の味たっぷりで美味しいと感じました

・ただ、本来のレシピだと味付けが「コンソメキューブ1個・塩コショウ少々」のところを、「茅乃舎の野菜だしを水の量に合わせて・塩コショウ少々」に変えているせいかもしれません。

・水分の量がかなり多いので、コンソメキューブ1個だと味が薄すぎる気がします。あと、茅乃舎の野菜だしは味が決まりやすく、美味しいのでおすすめです。

子ども(幼児)の反応は?

・意外なことに、2歳になったばかりの娘がデトックススープ(脂肪燃焼スープ)を気に入ってよく食べていました。

普段は食べないピーマン・セロリという癖の強い野菜も気にせずに食べて、スープもごくごくと飲んでいました

・パンにつけたり、スープを温めるときにマカロニを入れてあげると更に喜んでよく食べました。

普段の食事に、この野菜スープを足すだけで、かなりの量の野菜が食べられるので、小さなお子さんにも良さそうなレシピです。

・あと、娘も年末年始の帰省で緊張したのが食べ過ぎたのか…少し便秘気味だったのですが、デトックススープを食べだして2日目でいつも通りのおなかの調子に戻りました。

野菜と温かい水分をたっぷり摂ったのが良かったのかな。

【おわりに今回のレシピの感想など】

デトックススープ(脂肪燃焼スープ)は、味に飽きたら味噌やカレー粉などで味を変えることもできますが、我が家ではこの量を2日半で食べきったので全然飽きませんでした。

煮込んでいくうちに野菜の食感や味のしみ具合も変化も楽しめるスープでしたよ♪

でも、味噌味・カレー味も美味しそうなので次回は試してみたいです!

あと、2回目にデトックススープを作ったときには、茅乃舎の野菜だしが切れてしまっていたので鶏がらスープの素を大さじ3杯入れてみましたが、そちらもとても美味しかったです!

意外なことに、鶏がらスープの素を入れたほうがミネストローネスープみたいな味になりましたよ~。

年末年始や、イベント続きで食べすぎちゃったな~とか、野菜が最近不足しているな~という人におすすめレシピです!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする