スノーボールクッキーの抹茶味。バター不使用で簡単なレシピ紹介♪

以前紹介した、ブルックスの抹茶カプチーノ。

美味しいけれど、甘いからなかなか減らなくて…。

お菓子作りにはイマイチだと思っていましたが、今回作ったスノーボールクッキーは美味しくできたので紹介します♪

最初はブルックスのレシピサイトを参考に作ろうと思ったのですが、バターもオリーブオイルも買い置きがない…。

なので、バターとオリーブオイルをサラダ油に置き換えてみましたが美味しくできました。

ブルックスのレシピはこちら

バター不使用なので、材料費が節約になるレシピです♪

スポンサーリンク

【材料】(30個分)

・かんたフェ 抹茶カプチーノ 2袋
・薄力粉 130グラム
・上白糖 40グラム
・アーモンドパウダー(アーモンドスライスを粉砕) 40グラム

・サラダ油 60グラム

・粉砂糖(上白糖を粉砕) 大さじ3

※プレーンで作る場合は、抹茶カプチーノを省略し、薄力粉を150グラムにする。
お好みで最後にバニラエッセンスかバニラオイルを数滴入れる。

【作り方】

1.仕上げに使う粉砂糖をクックリーダーで粉砕し、粉砂糖にする。

(お手持ちのミルでも、もしくは最初から粉砂糖を買ってもOK)

2.アーモンドスライスもクックリーダーで粉砕し、アーモンドパウダーにする。

3.抹茶カプチーノ・薄力粉・上白糖・アーモンドパウダーをボウルに入れ、泡だて器で塊を潰すようにぐるぐる混ぜる。

(本当はすべて合わせてからふるったほうがいいですが、これだけでも結構大丈夫です。)

4.3にサラダ油を入れ、ゴムベラでサクッと切るように混ぜる。

5.粉っぽさがなくなったら、1口サイズに丸めてオーブンシートを敷いた天板に並べる。

焼くと少し膨らむので間隔をあけて並べること。

6.160℃で予熱したオーブンで15分~20分ほど焼く。

7.粗熱が取れたら粉砂糖をまぶして完成。

【ポイントや材料について】

・さっくりと仕上げるには、生地は練らずにサクッと切るように混ぜるのが良いです。

・今回は砂糖は上白糖で作りました。それでも充分美味しくできましたが…少し砂糖の食感が残るので、生地に入れる分も粉砂糖のほうがいいのかも。

後日試してみます~。

・オーブンで15分焼いたら様子を見て、焼きが足りないようなら追加で5分ほど焼きます。今回は20分でちょうどよい焼き加減でした。

・私は粗熱が取れてから粉砂糖をまぶしますが、粉砂糖をたっぷりまぶしたい場合はまだ熱いくらいのときに粉砂糖をまぶしたほうがいいです。

そうすると、スノーボールの名前の通りまっしろなクッキーが出来ますよ♪

材料について

・以前も書きましたが、私はスライスアーモンドをクックリーダーで粉砕してアーモンドパウダーにして使っています。

アーモンドパウダー(アーモンドプードル)やスライスアーモンドはスーパーの製菓材料で買うと高いので、ネットで1㎏のまとめ買いをしているのですが、両方とも1㎏も買うと使い切れないんですよね…。

値段的にはアーモンドパウダー状態のほうが安いのですが↓

スライスアーモンドだと、粉砕さえすればどちらでも使えるので便利です♪

・そういえば、アーモンドプードルとアーモンドパウダーの違いって何でしょうか?どちらも同じものだと思って使っているのですが…今度調べてみようと思います。

・粉砂糖も普通の上白糖をクックリーダーで粉砕するだけでサラサラの粉砂糖になります♪

粉砂糖ってすぐに湿気るし、ちょっと高いし、使い切れないともったいないので、いつもこの方法で粉砂糖にしています。

【今回のレシピの感想・おわりに】

今回のレシピは、サラダ油で美味しくできるのかという実験もかねて作ってみました。

バターのいい香りはありませんが、さっくりと軽く、ほろっと崩れる美味しいスノーボールクッキーになりましたよ♪

ブルックスの抹茶カプチーノは、ほかのお菓子のレシピだとイマイチだったので製菓には向かないと思っていましたが、今回のスノーボールクッキーにはぴったりでした。

ただ、抹茶の香りは弱めなので、もっと抹茶風味を出したいときはやはりきちんとした抹茶を買ったほうが良いかなと思いました。

このレシピに限りませんが、スノーボールクッキーって口の中が乾燥します!

食べるときは必ず飲み物もセットでが良いですね。

おすすめは甘くないお茶かな、と思いました。私は温かい黒豆茶と一緒にいただきましたよ~

(現在妊娠中なのでたくさん飲むときはノンカフェインを心掛けているので…)

スノーボールクッキーは、以前紹介したフロランタンと同様に簡単に作れる割に見た目がかわいい・おしゃれなクッキーなので、プレゼントにもおすすめです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする