アーモンドチュイールとは?栗原はるみの簡単な作り方がおすすめ♪

先日すた丼を作ったときに余った卵白を使って、アーモンドたっぷりのちょっと贅沢な味わいのクッキー「アーモンドチュイール」を作りました!

アーモンドチュイールとは、アーモンドを使った薄焼きのクッキーのことです。

薄ーく伸ばして、焼き上げた後で瓦状に形を整えることから「チュイール=瓦(フランス語)」という名前がついています。

今回も、お気に入りの栗原はるみさんの本を参考にしています♪

いつもは卵白が余ると、簡単に作れるラングドシャばかり作っていますが、同じものばかりではつまらないので目先を変えて作ってみました。

ラングドシャもとても簡単で美味しいんですけどね♪

軽い気持ちで作ってみたのですが、とても美味しくて見た目もなんだかおしゃれでびっくり!

プレゼントや手土産に喜ばれるお菓子です♪

スポンサーリンク

【アーモンドチュイールの材料】(約30枚分)

・卵白 3個分
・グラニュー糖 80グラム(上白糖でOK)
・強力粉 40グラム(薄力粉でも作れますが、食感が変わります
・スライスアーモンド 100グラム
・無塩バター 30グラム(有塩バターでもOK)
・バニラエッセンス 少々

【アーモンドチュイールの作り方】

1.卵白にグラニュー糖を少しずつ入れながら混ぜる。

バターは電子レンジで溶かしておく。

2.1に強力粉をふるい入れ、ざっと混ぜる。

3.スライスアーモンド・溶かしバター・バニラエッセンスを入れて混ぜ、1時間程寝かせておく

4.天板にオーブンペーパーを敷いて、スプーンでタネを落とし、スプーンの背でタネを薄く伸ばす

5.170℃に予熱したオーブンで約10分焼き、ふちが色づいてきたら取り出して熱いうちにリング型で瓦の形に整えて完成♪

スポンサーリンク

【アーモンドチュイールのポイント・余談】

・ポイントは、1時間程寝かせること薄く伸ばすことの2点です。

・きちんと生地を寝かせると生地が落ち着いて伸ばしやすくなります。

・また、しっかりと薄く伸ばすと歯ごたえが軽くなり、アーモンドの香ばしさもより感じられる仕上がりに♪

とても簡単なのにザクザクと香ばしくて美味しいクッキーになります!

・リング型を使って瓦の形に成型すると、「チュイール=瓦」の名前通りの形になるのですが、リング型がない場合はそのままの平べったい状態でOKです。

市販の物は平べったいものが多いですね~。

もしくは、麺棒などを使って曲げることもできますよ!

・強力粉を使うお菓子は珍しいですよね。強力粉を使うことで、粘りのある生地ができます

もちろん、薄力粉でも作れますが、その時は仕上がりが軽くなります。お好みでどうぞ♪

・スライスアーモンドはこちらがおすすめ↓500グラム入りです。

【余談】神戸風月堂のお菓子に似てる♪

・この「アーモンドチュイール」どこかで食べた味だな~初めて作ったし食べたのにな…?と不思議に感じていたのですが、その謎は実家に帰省した時に解けました!

神戸風月堂の「レスポワール ドリカポ」によく似た味なんですよ~!

↑おばあちゃんの家とかに行くと、高確率で貰い物であるお菓子ですよね~。

ザクザクした香ばしさ、アーモンドの味、お茶にもコーヒー・紅茶にもよく合う感じがそっくり!

謎が解けてすっきりした出来事でした。

【おわりに】

卵黄を使う料理の後に残った卵白の利用法に、ちょっと高級感のあるクッキー「アーモンドチュイール」が簡単に作れますよ~。

市販のお菓子みたいなおしゃれな仕上がりになるので、ぜひ作ってみてくださいね。

参考にしたレシピ

1991年出版の古い本ですが、作りやすい美味しいレシピが多いので愛用しています。

卵白を使った他のお菓子はこちら↓

卵黄を使うお料理はこちら↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする