作り置きにぴったりなポテトサラダの簡単レシピ!卵やベーコンで居酒屋風にアレンジも♪

暇と思われがちな専業主婦ですが、だからこそ意外と時間の融通が利かない時があるなぁと思うことが多いです。

1歳の娘はこちらの予定や今やっている作業なんてお構いなしですし、私の用事や都合よりも忙しい旦那さんに合わせてスケジュールを組むのは当たり前。

スポンサーリンク

そうすると、気が付くともう夕飯の時間!ということや、何にも準備していないのに旦那さんのお昼休憩だ!ということになりがちなんですよね~。

なので、娘のお昼寝タイムや、機嫌よく遊んでいてくれている時を狙って「作り置きのおかず」を何品か作っておくようにしています。

昨日も娘がダイニングでおままごとを始めたので、その隙に作り置きのポテトサラダを大量に作りました!

そんなポテトサラダのレシピをご紹介します。最後に、色々なアレンジや居酒屋風ポテトサラダの作り方もありますよ♪

【材料】(中くらいのボウルにたっぷり)

・ジャガイモ 10個
・玉ねぎ 1個
・にんじん 1本
・塩 小さじ1
・ハム 8枚

・塩コショウ 少々
・マヨネーズ 大さじ5~
・からし お好みで(辛いのが苦手な人はフレンチマスタードでもOK)
・あらびき黒胡椒

【作り方】

1.ジャガイモをよく洗って、皮付きのまま蒸かす。最初は強火で、お湯が沸騰したら中火で約30分ほど。

2.ジャガイモを蒸かしている間に、玉ねぎ・にんじん・ハムを切る。今回はすべて細切りに。

そして玉ねぎとにんじんには小さじ1/2ずつ塩を振り、ざっくりと混ぜておく。

3.ジャガイモに菜箸をさし、すっと刺さるようになったら火を止め、ジャガイモにフォークを突き刺して皮をむく。やけど注意!

4.3をフォークでざっくりつぶして、塩コショウで軽く味付けをする。そこに玉ねぎとにんじんの水気をしっかりと絞ったものとハムを入れて混ぜる。

5.マヨネーズを大さじ2ほど4にいれ、マヨネーズをなじませるように混ぜる。

マヨネーズがなじんだら、ボウルの内側にからしを塗り付けて、残りのマヨネーズも入れてからしが全体にいきわたるように混ぜる。

器に盛りつけて、あらびきの黒胡椒をふって完成。

スポンサーリンク

【ポイント】

・ポテトサラダのレシピには、電子レンジを使ったりジャガイモをゆでたり、先に皮をむいておいたりと色々なやり方があると思います。

でも、大量に作って作り置きをするのなら皮付き・丸ごとを蒸し器で蒸かすのが一番おすすめです。

作り置きの場合、水分が出てしまうとどうしても味が落ちてしまうし日持ちもしなくなってしまうので、できるだけ水分が少なくなるような作り方にします。

私はこの作り方で4~5日は冷蔵庫で保存しつつ食べていますよ。

・普段はきゅうりも1~2本入れますが、冬場のきゅうりはものすごく高いので今回は省略。入れてももちろん美味しいです。

ただ、入れる場合は塩をふってから水分をギュギュっと絞ってくださいね~。

・じゃがいもに先に塩コショウで軽く味付けをしておくと、マヨネーズが少なめでも味がぼやけません。ついマヨネーズが多くなってしまうという人は試してみてくださいね。

・からしをボウルの内側に塗り付けて混ぜるやり方は、「あたりまえのぜひたく」という漫画を参考にしました。

それまでは先にからしマヨネーズを作って混ぜていたので、この方法は目から鱗でした~

・辛いのが苦手な人はぜひフレンチマスタードを入れてください。辛くないのに風味がよくなるのでおすすめです!

【アレンジや、居酒屋風ポテトサラダなど】

・ポテトサラダのアレンジは簡単。中に入れる具を変えるだけです。

例えば、「きゅうりをお漬物に変える」「にんじんの切り方を変えてゆでる」「ハムを厚切りにしたり、ポークソーセージにしてみる」などです。

・私のおすすめは、お漬物を入れることです!きゅうりの塩こうじ漬けや、しょうゆ漬けを入れたり、秋田名物の「いぶりがっこ」を入れると普段とちょっと違う味わいで美味しいです。

特に「いぶりがっこ」のポリポリ感とスモーキーフレーバーはジャガイモやマヨネーズとよく合います♪

・居酒屋風ポテトサラダにしたいときのポイントは、「塩気を強くする」「食感にアクセントをつける」「半熟卵やチーズでとろーり感をつける」です!

・「塩気を強くする」ためには、単純に塩を足してもいいですし、コンソメや中華だしを加えてもいいです。

また、クリームチーズを混ぜたり塩気の強いベーコンを入れるのも美味しい!
居酒屋風にするのなら、やはりお酒のおつまみであることは忘れてはいけないので、お酒に合うように濃いめの味付けがいいんですね~。

・「食感にアクセントをつける」これはカリカリ・サクサクな食感を加えることです。

ポテトサラダはどうしても単調な食感になりがちなので、カリカリベーコンやクルトンを加えるといいですね。

・「半熟卵やチーズでとろーり感をつける」というのはそのまんまですね。

見た目が地味になりがちなので、盛り付けるときに半熟卵をのせてみたり、クリームチーズを混ぜ込んで少しとろっとした感じを出したり。

・これらを組み合わせて、例えば上のポテトサラダのレシピからハムをなくして、下味の塩コショウを強くし、盛り付けの時にカリカリベーコンと半熟卵を足すと居酒屋風ポテトサラダの完成です。

ほかの組み合わせも楽しいですよ。あとは、意外なところでいうと万能ねぎも合うので、上からぱらっとかけてもいいですね。

【おわりに】

スーパーでも家庭でも定番のお惣菜のポテトサラダですが、一工夫を加えると常備菜に便利だし、居酒屋風のおもてなし料理にも使える万能選手です。

たくさん作って毎日のご飯を少し楽にしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする