型不要!フライパンとアルミホイルで作るミートローフのレシピ

手間がかかるイメージのあるミートローフを、フライパンとアルミホイルを使って簡単に作りました♪

冷蔵庫で保存することを前提に作っているので、つなぎのパン粉を多めの柔らかめの仕上がりで。

冷めた状態でも、とても柔らかくて美味しくできたレシピを紹介します♪

スポンサーリンク

【材料】(4人分)

・豚ひき肉 500グラム
・玉ねぎ 1個
・パン粉 1と1/2カップ
・牛乳 50㏄
・ベーコン 6枚

調味料A
・卵 1個
・トマトケチャップ 大さじ2
・塩 小さじ1
・胡椒 少し

・サラダ油 大さじ1

【作り方】

1.みじん切りにした玉ねぎにパン粉・牛乳を混ぜておく。

2.1に豚ひき肉・調味料Aを入れ、よく練り混ぜる。

3.アルミホイルを50センチくらいの長さに広げ、ベーコンを3枚、横向きに半分ずつ重ねて並べる。

それを2つ作る。

4.3に2の半量ずつをのせて、フライパンに2本並べて入るくらいの大きさの棒状に形作り、アルミホイルでしっかり包む

5.フライパンにサラダ油を中火で熱し、4を入れて転がしながら5分ほど焼く。

一度火を止め、分量外の100㏄の水を注ぎ、ふたをして弱火で15分~25分ほど蒸し焼きにする。

6.アルミホイルの上から触り(熱いので注意!)生肉のグニっとした感触がない、しっかりした触り心地になっていたら完成。

スポンサーリンク

【ポイント・保存方法と保存期間・温め方など】

・私は豚ひき肉が好きなので豚ひき肉を使いましたが、元レシピでは合いびき肉を使っています。

豚ひき肉でも美味しくできますので、お好みでどうぞ

・調味料は少なく見えますが、ベーコンからも味が出るのでしっかり味になります。

・元レシピでは弱火で15分蒸し焼きですが、私は念のため25分ほど蒸し焼きにしました。

しっかり火が通りますし、硬くなることもなかったですよ。

保存方法・保存期間

・粗熱を取ってからアルミホイルに包んだまま保存容器に入れて、完全に冷めてからふたをして冷蔵庫で保存してください。

・保存期間は1週間ほど。冷たいままでも美味しいので、お弁当にもおすすめです。

温め方

・食べるときは、冷たい状態でアルミホイルごと包丁で切ると崩れず切り口もきれいです

温めるときは、切ってからアルミホイルをきれいに剥がして、お皿に並べてからふんわりとラップをかけて電子レンジで1~2分ほど加熱するとちょうどいいです。

【おわりに今回のレシピの感想など】

娘にも旦那さんにも大好評だったレシピです。

また、ミートローフは見た目もごちそうっぽいので、クリスマスメニューにもおすすめです

その時は、真ん中にウズラの卵などを埋め込むと見た目もかわいらしくて良いかな、と思います。

とにかく冷めていても柔らかくて美味しいレシピなので、お弁当にぴったりだし、温めるとなお美味しいので夕飯にも。

これはリピ確定のおすすめレシピです!

参考にした本

「つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2」 小田真規子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする