ささみと大葉のピカタのレシピ。チーズなしでも柔らかくておいしい!

鶏ささみが安かったので、「ささみと大葉のピカタ」を作りました。

ピカタというと、卵に粉チーズを混ぜるレシピが多いですが、今回は粉チーズなしのあっさりレシピです。

冷めても美味しいのでお弁当にもピッタリ。

珍しく旦那さんがお弁当を仕事に持っていく機会があったので入れてみたのですが「美味しかったよ~」という感想をもらいましたよ。

また、柔らかいので2歳の娘もよく食べてくれたレシピです。

スポンサーリンク

【ささみと大葉のピカタの材料】(4~5人分)

・鶏ささみ 10本

調味料A
・ごま油 大さじ1
・塩 小さじ1/2

・大葉 10枚
・小麦粉(薄力粉) 大さじ2~3
・溶き卵 2個分
・サラダ油 大さじ2

【ささみと大葉のピカタの作り方】

1.ささみは筋を除いて調味料Aを絡め、大葉を巻く。


全体に薄力粉をまぶす。
トレイに薄力粉を敷いて、ころころと転がすとまんべんなくつく

2.溶き卵を絡めて、サラダ油をひいて中火で熱したフライパンに、大葉が見えるほう(表面にしたいほう)を下にして並べ入れる。

溶き卵が余ったときは、軽く焼いてから再度溶き卵をつけると無駄にならず使い切れる

表裏を3分ずつ焼き、ふたをしてさらに弱火で2分ほど蒸し焼きにして中までしっかり火を通して完成。

スポンサーリンク

【ささみと大葉のピカタのポイント】

・ささみの筋は、フォークを使って取ると簡単に取れます
私はこちらの方法を参考にしました↓

【簡単!とりささみの筋取り 】

・この筋の取り方だと、ささみの身が少し割れてしまいましたが、形を整えて焼けばしっかりとくっついてくれましたよ。

・ピカタでよく使う粉チーズは今回はなしで作りました。

粉チーズなしでもしっとりと柔らかく、コクがある味になるのはごま油を最初にまぶしているからです。

油を絡めてから薄力粉をまぶすことにより、パサつきがちなささみがとてもしっとりと美味しくなります。

この方法は、豚肉や鶏むね肉にも使えます♪

・ごま油と塩だけで味付けしていますが、しっかりと下味がついておいしいので他にソースやたれなどは不要でした!

保存期間について

冷蔵庫で1週間もちます

・ジップロックコンテナーの正方形700mlに8本入りました。10本作ったので、入りきらなかった2本はその日の夕飯に食べました。

・お弁当などで冷めたままでも、レンジで温めなおしてもパサつかずに美味しく食べられましたよ♪

食べる量について

・大人は2~3本、2歳の娘は1/2本を薄くスライスして食べました。

・他にも副菜があれば、この量で充分です。少なく見えますが、食べ応えがありますよ。

・大人が食べる分はそのままか、半分くらいにカットして盛り付けると良いですよ~。

1人前、2本で220キロカロリーしかないので、ダイエット中でも食べやすい主菜です。

【おわりに】

ささみと大葉のピカタ」は、先週(1/15)の作り置き料理に作りました。

その日はあまり時間が取れずに4品しか作り置きのおかずを作れませんでしたが、この「ささみと大葉のピカタ」は家族全員から評判が良かったので作ってよかったです。

しっとり柔らかい鶏ささみを食べたい方、お弁当などのおかずにカロリー控えめな主菜をお探しの方、また粉チーズなしのピカタのレシピをお探しの方におすすめです♪

参考にした本

つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当2

お弁当のレシピ本ですが、お弁当作りじゃなくてもとても参考になる本です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする