余ったレンコンの竜田揚げをきんぴらにリメイク♪お弁当にぴったり!

先日紹介した、レンコンの竜田揚げが余ったときのリメイクレシピです。

レンコンの竜田揚げはとてもおいしいのですが、アツアツの揚げたてが最高で、冷めたときは正直いまいちな味になってしまうので、お弁当には不向きなレシピです。

でも、余ったレンコン竜田揚げをきんぴらにリメイクすると、お弁当にぴったりな甘辛味のおかずになりますよ!

甘辛でこってり目の味付けのきんぴらなので、さっぱり目の「ベーコンときのこのマリネ」との相性も抜群に良いです。

スポンサーリンク

【レンコン竜田揚げのきんぴらの材料】

・余ったレンコン竜田揚げ 2~3本
・醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・ごま油 小さじ1

・お好みで、仕上げに七味唐辛子やいりごまをふってもおいしい!

【レンコン竜田揚げのきんぴらの作り方】

1.レンコンの竜田揚げは5~7㎜の厚さに切る。

2.小鍋かフライパンに1を入れて、ごま油を敷いて火をつけたら、レンコンの竜田揚げと調味料をすべて入れて炒めて完成!

スポンサーリンク

【レンコンの竜田揚げのきんぴらのポイント】

・レンコンそのままのきんぴらと違い、竜田揚げの衣部分が「ふにゃトロ」とした食感になります。普通のきんぴらとは全然違う仕上がりになります。

片栗粉の衣のおかげで、とろみ・照りがつくので見た目も美味しそうになるのでお弁当にぴったりです。

味付けについて

・醤油と砂糖を1:1にすると、かなり甘めの味付けになります。

お好みで砂糖を減らしてもOK。

・ただ、この甘さが「酸っぱい系のおかず」や「辛い系のおかず」とすごく合います!

梅干しや酢を使った味付けや、担々麺・麻婆豆腐・鶏むね肉のピリ辛漬けなどの豆板醤を使った料理がメインの時にぴったりの副菜・箸休めです。

・「辛い系のおかず」と合わせるなら、そのままか白いりごまをふって。

「酸っぱい系のおかず」と合わせたり、おつまみとして食べるのなら七味唐辛子をパラリと振るのかおすすめです。甘辛味にピリッとした辛みが足されて、とても箸が進みます♪

【おわりに】

・余ったおかずのリメイクレシピって、あまりおいしくないイメージが正直あったのですが、これはとてもおいしくリメイクできます!

しかも、完全に別のおかずになるところも良いですね。

レンコンの竜田揚げを作るときは、ぜひ余るように多めに作って、きんぴらも作ってみてくださいね♪

参考にしたレシピ

ママの味・おかわりレシピ 21 レンコンの竜田揚げ

↑こちらの本の単行本未収録分が、著者の広田奈都美さんのHPで紹介されていたので、そちらを参考にしました♪

「レンコンの竜田揚げ」とリメイクきんぴらのレシピは単行本には載っていませんが、子どもが喜ぶレシピが多くて、コミックエッセイなので読みやすくておすすめな本です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする